ゑびす蔵の本格焼酎

製造上の基本方針

 

1、伝統の製法を守りながら高品質の焼酎造りを追求し続ける

 

1、焼酎本来の風味を大切にし添加物を一切使用しない

 

1、最低3年以上の貯蔵期間をおいて充分熟成した製品しか出荷しない

 

 

地元の実りを活かした焼酎造り

 

蔵の在る朝倉市周辺、筑後川の流域に広がる筑紫平野では、原料となる大麦の生産が盛んです。

地元産の麦を使用し、麦に含まれるでんぷん質のみならず、たんぱく質や脂質にも着目し、それらの特徴を最大限に活かした味わいを醸し出すべく研究を重ねています。

 

 

 

 「貯蔵・熟成」には永年こだわり持ち、取り組んでおりますが、現在、オーク樽やタンク、かめ等の貯蔵方法によって多くの個性ある味わいが育まれており、そのことが当蔵そのものといえます。

「熟成」による味わいの変化はとても奥が深く、まだまだ解明されていないことが多くありますが、皆様にご愛飲いただくことで、蔵はささえられ、少しづつ未知なる美味しさが解明されてきました。

「継続」を第一に考え、これからも皆様とともに「熟成」について探求してまいりたいと思います。